家の外観に関わる業者

一軒家

エクステリアとは家の外観部分を指します。マイホーム建築には欠かせないため、大阪には多くの業者がいるでしょう。住宅メーカーからの紹介は中間マージンをとられるため、自分で探すのがおすすめです。電話対応やホームページ、資料などから実績や対応を見極めるとよいでしょう。

束石で基礎をしっかり施工

リフォーム

傾斜と沈み込みへの対策

伝統的な和風住宅でも昔から濡れ縁がくつろぎの場所として多く利用されてきましたが、洋風住宅や現代の住宅でこれに相当するのがウッドデッキです。古風な濡れ縁と比べていろいろなデザインや用途を持つウッドデッキは掃出窓から庭へと張り出す形で設置される例が多く、マンションのベランダにもよく設置可能されます。リビングの延長のような感覚の開放的な空間を演出する目的以外にも、ちょっとした子供の遊び場としてウッドデッキが利用されているのです。ウッドデッキの材料には天然木や人工木といった木材が多く使われており、材料と工具さえ準備すればDIYで設置することもできます。とは言え設置すべき地面は決して平らではなくある程度の凹凸があるため、基礎をしっかり固めずに設置すると沈み込みを起こしたりして見栄えが悪くなるものです。ウッドデッキの基礎には束石と呼ばれるものが使われ、束柱をこの束石に固定する際に高さを調節することで地面の凹凸を吸収します。場合によっては沈み込みを防ぐために束石の周囲をモルタルで固めたり、ジャッキアップで高さを調整する必要が生じる場合もあります。このようにウッドデッキの設置では基礎をしっかり固め、その上に置かれる床板が水平を保てるようにするための作業が欠かせません。最近では手軽な組み立て式のキットも増えていますが、より本格的なウッドデッキを設置するにはエクステリア工事を行う専門業者を利用するのが無難です。エクステリア工事のプロに依頼すれば、住宅環境に合わせたオーダーメイドのウッドデッキが設置できます。組み立て式と比べてオーダーメイドのウッドデッキは木材の種類やデザインなどの自由度が高く、樹脂を使った新素材もラインナップに入っています。庭が狭い場合や傾斜地のような悪条件の場所にウッドデッキ設置を検討する場合は、現地調査や見積もりが無料のエクステリア工事業者に相談するといいでしょう。

どこに依頼するべきか

工具

大阪で新築の家を建てるとき、住宅だけでなくエクステリアのことも考えなければいけません。依頼するにはハウスメーカーなどに依頼して建築工事と一緒にお願いするものと、自分で探して直接交渉する2通りの方法があります。どちらも一長一短となっているので、条件の良い方を考えて依頼するようにしましょう。

家の見た目を変えよう

住宅

エクステリアを変化させたいときは千葉にある業者を利用すると良く、料金は業者によって変化していて中間マージンがかかるところとかからないところがあります。その後は自分で定期的にメンテナンスをして劣化を防ぎましょう。